東京、神奈川で私立中入試

asahi.com 2009年2月2日6時21分

 東京都と神奈川県の私立中学入試が1日、解禁日を迎えた。「女子御三家」に数えられる人気校の桜蔭学園(東京都文京区)には学習塾関係者も詰めかけ、横断幕やのぼりを掲げて受験生を励ました。

 東京、神奈川の解禁日は例年、入試が集中する。しかし、今年は礼拝の日曜に当たるため、東洋英和女学院(東京都港区)、立教女学院(同杉並区)、フェリス女学院(横浜市中区)といった女子校に多いプロテスタント系の中学が試験日をずらした。「女子御三家」の一つ、女子学院(東京都千代田区)も入試を2日にしたため、雙葉(同)も合わせた「御三家」間で併願が可能になり、各校で志願者が増加。桜蔭学園では797人と前年より4割近く増えた。

 受験関係者は、解禁日が日曜に当たる年を「サンデーショック」と呼ぶ。いつもの併願パターンが崩れ、志願者がどう増減するか、合格枠をどれぐらいに設定したらいいか、難易度がどう変化するか……と悩ましいことが多いためだ。大手進学塾・日能研の担当者は「でも、子どもにとっては、いつもは併願できない学校に挑戦できる。前向きに『サンデーチャンス』と言うことが増えています」。

 大手進学塾・四谷大塚は、今年は首都圏で過去最多の5万3千人が私立や国立の中学を受験すると予測している。(星賀亨弘)

posted by 御三家 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親の心得

受験は要領 中学受験編―合格を勝ち取るためにがすべきこと |和田 秀樹

受験は要領 <strong>中学受験</strong>編―合格を勝ち取るために<strong>親</strong>がすべきこと受験は要領 中学受験編―合格を勝ち取るためにがすべきこと
和田 秀樹
PHP研究所 刊
発売日 2003-03
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★★


2002年度から「ゆとり教育」の名の下に公立学校の授業内容が3割削減された。その結果、公立学校に通わせる子と私立中学受験をして中高一貫教育を受ける子との間には、大きな学力格差が生じる。子どもの将来を考えるならば、私立中学に通わせるべきだ、と著者は訴える。本書は、ベストセラー『受験は要領』シリーズの和田秀樹氏が、自らの受験体験や受験指導体験をフル活用し、小学生の子を持つの心構え、効率・効果的な勉強法、塾や志望校選びのツボを指南したものだ。
まずは、なぜ中学受験が必要かを述べた上で、小学4年からのスタートを推奨する。カギとなるのは塾選びだが、子どもの性格や志望校との相性を見て選んでいくことが大切だと説く。無理をしてレベルの高い塾に通わせると逆効果を招きかねない。そのことは志望校選びにも当てはまる。とかく偏差値の高い有名校に目を奪われがちだが、偏差値はそれほどでなくとも、最近めきめきと頭角を現し、東大や早慶上智に多数の合格者を出している学校もある。そんな穴場校、“お得な学校”の探し方も伝授する。
東京近郊の学校、有名校の受験集中日に試験のある学校がねらい目といったアドバイスとともに、準備が遅れた子どものための和田式短期間成績アップ術や勉強をやる気にさせるテクニック、子どもを本番に強くさせる法などを満載。志望校選びの情報が首都圏に偏っているきらいはあるが、小学生以下の子どもを持つは手にしておきたい1冊だ。(清水英孝)

頑張れ受験生 2003-06-25
 和田秀樹氏の「受験は要領」シリーズの中学受験編。中学受験を目指している今度新6年生となる息子に向けて、情報整理のために購読。
 前段は、著者が従来から主張されている「ゆとり教育」弊害論が主体であるが、これらの論旨は過去に類書が発行されており、やや重複感あり。本書の有用性は、第7章からの「受験に向けての戦術、心構え」ノウハウだろう。
 大学受験と異なり、精神的にまだまだ未完成な状態の小学生に、いかにやる気を持続させ、かつ、試験直前の焦り等をいかに和らげさせてあげるかについての記述はなかなか役に立つ。
 ただ、本書で記載されている対象中学が首都圏に偏っていることが残念である。


さらに詳しくはこちら>>



■赤ちゃんを手放す人の心/。大学受験も中学受験も2/カレーなる一族/ドラゴン桜の影響は・・・/【算数合格トラの巻・メルマガ/久々に見返す/中学受験 偏差値 ※参考/高校 偏差値 ※最新!-全国/合格発表/御報告/高校偏差値 ※覗きなさい -/☆ALWAYS☆GIVE☆MY☆LOVE/高校 偏差値 ※速報 -全国 高校/返信状況など・・その2/週刊「しゃかぽん」は総ルビ/4年後/初ブログ!/かける言葉/□い頭を〇くしたい/入試がんばれ!!/遥か遠い蜃気楼で 君が笑/母の想い/だってがんばれば〜高校受験/「強育論」/教材。/栄光ゼミナール/シャッフルプレイ/先を見ると言うこと/受験論/Qの手を放す/不動産営業事務の独り言 87/ジャッジメント・デイ(審判の日)/魔王/都立入試/ラスト・バイト/開封のたしなみ/先生の言葉/【算数合格トラの巻・メルマガ/【算数合格トラの巻・メルマガ/■週刊誌ネタ/将来のために「数検」/「受験」/格安航空券 大黒屋旅行課の/お受験/受け入れる/今日はPerfumeタソの新譜だわ〜/今日は色々と忙しい一日/受験を通じて学んで欲しい/34 父と子の中学受験ゲーム/久しぶりに塾へ/日能研/なんだろー??/#入試#/こいつは面白いねぇ。/「幸福な食卓」/中学受験が終わった/つらづらと/サッカー先生/巻き起こるサプライズ。/サクラ咲くよ☆/中学受験/あぁあぁ!!終わった!
posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

中学受験で勝つ―わが子を合格させる50の必勝法 |和田 秀樹

<strong>中学受験</strong>は<strong>親</strong>で勝つ―わが子を合格させる50の必勝法中学受験で勝つ―わが子を合格させる50の必勝法
和田 秀樹
産経新聞ニュースサービス 刊
発売日 2002-06
価格:¥1,000(税込)
オススメ度:★★



中学受験関係者は一通り読むべし 2006-11-09
もともと新聞に連載されていたコラムをまとめたものなので、一つの話が短くて読みやすい。50項目をすべて実行にうつせるかどうかはしだい。


さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

わが子を有名中学に入れる法 |清水 克彦 /和田 秀樹

わが子を有名中学に入れる法わが子を有名中学に入れる法
清水 克彦 /和田 秀樹
PHP研究所 刊
発売日 2006-08-17
価格:¥777(税込)
オススメ度:★★★★



受験戦略の立案は父の仕事 2006-10-22
中学受験における父の果たす役割や志望校の選び方などを最近のデータをもとに詳しく解説しています.



第4章の「志望校選びの新しい指針」や第5章の「経験者が語る有名中学合格のヒント」は非常に興味深いものでした.例えば,ひたすら有名校をめざすのではなく,子どもに合った学校を選んでやる必要があるとか,志望校選び,特に併願校選びには戦略をもって臨むのが良いなどの話です.戦略に関して言えば,関東では難関校の入試は2/1に集中しますが,この難関校に楽々入れるのならば良いのですが,そうでなければ,できる子どもたちが難しい学校を受けている間に,少しランクの低い第2志望あたりを受験した方がよいといった具合に具体的にアドバイスしてくれます.そしてこの戦略の立案は父の仕事のようです.



中学受験を考えておられるお子さんをお持ちの御さんは必読でしょう.




さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

受験は要領―中学受験編 PHP文庫 |和田 秀樹

受験は要領―<strong>中学受験</strong>編 PHP文庫受験は要領―中学受験編 PHP文庫
和田 秀樹
PHP研究所 刊
発売日 2005-04
価格:¥500(税込)
オススメ度:★★★


受験はの要領で決まる
中学受験に必要なのは、“塾の選び方”と“勉強の仕方”だ。本書は、絶対に合格する志望校の選び方から、頭がよくなる食事の取り方まで、わが子を短期間で中学入試に合格させるノウハウが満載!「計算のスピードが合否を決める」「模試の結果をどう読むか」「解けない問題は早めに答えを見せ、解き方を覚えさせよ」など、成績アップにつながる“要領”を伝授する。志望校突破を確実にする「虎の巻」。
さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

中学受験 合格を「つかむ」?「逃す」?―中学受験実践ブックス |高橋 隆介

<strong>中学受験</strong> 合格を「つかむ<strong>親</strong>」?「逃す<strong>親</strong>」?―<strong>中学受験</strong>実践ブックス中学受験 合格を「つかむ」?「逃す」?―中学受験実践ブックス
高橋 隆介
学習研究社 刊
発売日 1996-05
価格:¥1,260(税込)


で決まってしまう!?
これ1冊で「中学受験」がわかる本。私立中学に合格するためのノウハウがつまった、中学受験合格本!長い目で子どもの幸福を考えた受験のヒントがつまった本。
さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

中学受験新・合格を「つかむ」?「逃す」? |高橋 隆介

<strong>中学受験</strong>新・合格を「つかむ<strong>親</strong>」?「逃す<strong>親</strong>」?中学受験新・合格を「つかむ」?「逃す」?
高橋 隆介
学習研究社 刊
発売日 2003-03
価格:¥1,260(税込)
オススメ度:★★★★★



受験しない家庭にとっても役立つ助言が満載 2005-05-24
 題名だけみれば、子供の中学受験という課題を抱えたのためにだけ書かれた本のように見えますが、一読すれば(中学受験のための学習をという特定の媒体を介してですが)が子供にとって良いであるために平生どんなことを心掛けたらいいかの素晴らしい助言にあふれていることに気付きます。
 ですから、さしあたり中学受験など考えていない家庭にとっても、読む価値があります。読んで、なるほどもっともだと膝を打ったことから、どんどん日常生活で実践していけば、家庭力(こんな言葉ないかもしれないですが)はグイグイ向上するでしょう。も子も気持ちよくなるはずです。
 むろん、子供の中学受験に悩む家庭にとっては即日行動に反映させられる好マニュアルです。
 勝手な推測ですが、著者はたいへん控えめな方で、決してでしゃばらない、しかし静かな自信に満ちた方のように見受けます。本書に著者のプロフィールは、カバーの折り返し部分、しかも宣伝帯の下に隠れる場所に一箇所あるだけです。本そのものの中にはありません。もちろん、著者近影もなし。ただ、本文中に塾の授業を中心に何ショットか写真がのっていて、その中の一枚がなんとなく著者その人の姿なのかな?と推測させる程度です。
 かえって、肩書きやキャリアでなく、書いてあることの中身で勝負する心意気を感じます。


さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

中学受験が伸ばすわが子の思考力表現力 |進学教室SAPIX小学部

<strong>中学受験</strong><strong>親</strong>が伸ばすわが子の思考力表現力中学受験が伸ばすわが子の思考力表現力
進学教室SAPIX小学部
学研 刊
発売日 1998-02
価格:¥1,029(税込)
オススメ度:★★★★



中学受験の難しさ 2005-03-04
こんなに難しい問題があるのだ。
当たり前だと思っていたことが、「問題」として出てくる。
小学生でここまで必要なのか?と、考えさせられたが、
頭のやわらかいうちに「このクラス」に入って教えてもらえたら、学べたら、
きっと世界が広がるかな、とも思う。
ただの宣伝本と思わなかったのは、納得させられたからだろう。


さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

後悔しない中学受験―子どもを伸ばし、成功に導く、賢いの選択とは? |森上教育研究所 /中曽根 陽子 /ワイワイネット

後悔しない<strong>中学受験</strong>―子どもを伸ばし、成功に導く、賢い<strong>親</strong>の選択とは?後悔しない中学受験―子どもを伸ばし、成功に導く、賢いの選択とは?
森上教育研究所 /中曽根 陽子 /ワイワイネット
晶文社出版 刊
発売日 2006-02
価格:¥1,575(税込)
オススメ度:★★★★



迷ってる人はいいかも・・・ 2006-05-17
大学生のインタビューは面白かった。誠実に書かれているとは思うが、

結局のところ、どうしたら良い受験になるのかはケースバイケースでが考えるべきことだ、という一般論に戻される気がした。

実際に受験を始めていて、どのように子どもの学力を上げたらいいか悩んでいる人には物足りないかも知れません。


さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

中学受験で勝つ―わが子を合格させる50の必勝法 |和田 秀樹

<strong>中学受験</strong>は<strong>親</strong>で勝つ―わが子を合格させる50の必勝法中学受験で勝つ―わが子を合格させる50の必勝法
和田 秀樹
産経新聞ニュースサービス 刊
発売日 2002-06
価格:¥1,000(税込)
オススメ度:★★



中学受験関係者は一通り読むべし 2006-11-09
もともと新聞に連載されていたコラムをまとめたものなので、一つの話が短くて読みやすい。50項目をすべて実行にうつせるかどうかはしだい。


さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得

新・勉強の常識―成績がイイ子のだけが知っている! |ストロング宮迫 /タイガー山中

新・勉強の常識―成績がイイ子の<strong>親</strong>だけが知っている!新・勉強の常識―成績がイイ子のだけが知っている!
ストロング宮迫 /タイガー山中
PHP研究所 刊
発売日 2005-09
価格:¥1,365(税込)
オススメ度:★★★★



この本読んで猛省! 2006-02-16
帯に「は絶対に勉強を教えてはいけない」とあり、表紙カバーには「成績がイイ子のだけが知っている!」とあり、僕も含む世間一般のの常識の裏が書かれているのだろうと関心を持たずにはいられなかった。帯の反対側には次のようにある;「本書は、子供の成績を上げるために、がどう変わるべきか?を述べたものです。」本書を実際に読んでみると、こちらの方が内容を的確に示している。



僕なりにこの本の主張を要約すると、

・子供が勉強ができるようになる為には、が子供の勉強への取り組みに対して、相応の情熱と、時間と、大人としての経験と、子供の悪知恵に負けない大人としての知恵と、子供の話・先生(塾教師も含む)の話から真実を汲み取る耳と、子供をその気にさせる乗せ方と、自身が子供のやっている勉強を効率良く解けるくらいの根気とを持ちながら、

子供に対処しなければならない、ということ。

・これだけやるだけでもくたくたになるので、は勉強を教える余力はもう残っていないはず故、あとは塾や学校の先生をうまく使うこと。



自分を顧みるに、小さい頃はどうやって勉強したらいいのか、やり方がわからなかった。僕自身がもう少し聡ければよかったのだろうけれど、残念ながらおっとり型だった為、勉強のできる友達からノウハウを盗む、或いは良い影響を受ける、なんてことに気づかなかった。従ってやり方がわからないままズルズル行ってしまった。考えてみれば「勉強しなさい」と言われても勉強をどうやったらいいのかわからない子供にとっては「泳ぎなさい」と言ってばた足も教えないでいきなり子供を海に置いてきぼりにするのと同じ。なぜ勉強についてだけはステップを踏ませてやり方を学ばせるということをしないのだろうか。



この本には、ただ「勉強しなさい」とだけ言ってあとは全てわが子や塾に責任をなすりつけるへの痛烈な批判があり、目から鱗が落ちる内容だった。




さらに詳しくはこちら>>


posted by 御三家 at 11:00 | 親の心得